引越し料金をお得に!平日・休日・繁忙期をどう考えるか


引越し料金、お得にしたいなら出来るだけ平日に引越そう

引越しが決定した時、まず考えなければいけないのは引越しの日取りです。
お仕事の都合や、ファミリーの方だったら家族の予定との兼ね合いなどを考慮しながら、出来るだけ安い金額で引越したいというのが本音なのではないでしょうか。
ご存知ですか? 繁忙期でも閑散期でも、土日と平日の引越し料金は大きく差がついてきます。
どうしても「仕事の休みは土日しか取れない」という方が多く、引越しが集中するために割高になってしまうのです。
出来るだけ安く引越ししたいなら、平日に引越せるよう予定を調整してみましょう。

実際、見積もりはどれくらい違うの? 土日引越し、平日引越しの料金の差

引越し業者に見積もりに来てもらわないことには、正確な引越し料金は出てきません。
なぜなら、家それぞれで荷物の量が違うため、ダンボールの量、家具の量が大きく異なってくる可能性があるからです。
とはいえ、見積もり前にある程度の金額は踏まえた上で、引越しの日取りを選びたいですよね。
土日と平日では、3割ほど価格が異なるとのことです。ちなみに筆者は繁忙期の3月に引越しを経験しましたが、引越しが非常に多い時期ということもあり、「土日は平日の2倍になってしまう」と言っていた引越し業者もいました。
少し時期をずらして4月に引越せば、半額にすることができる、という提案をされたりもしました。
土日と平日の差を考慮するのも大事ですが、自分が引越しを考えている時期が繁忙期なのか、閑散期なのかを踏まえた上で引越しの日取りを決めることも大事です。

何はともあれ、気軽に見積もりに来てもらうのが大事

引越し料金の土日と平日の料金差を早く知りたいなら、出来るだけ早めに引越し業者に見積もりに来てもらうのがいいでしょう。
早めに日取りを決めると、その分引越し料金が安くなります。
引越し直前まで引越し業者の申し込みを渋ってしまうと、安いと言われる平日でもかなり割高になってしまうので、注意が必要です。
見積もり時のコツは、必ず数社の引越し業者に見積もりを頼むこと。
何軒か見積もりを予約しても、業者はあの手この手で即時契約を狙ってきます。
その時だけの上手い話に乗らず、まずは数社で見積もり金額を比較・検討してみましょう。
土日と平日の差だけではなく、サービスの違い、万が一家具などに傷をつけてしまった際の保証の違いなど、料金以外の点にも着目しながら、お得で安心、納得できる引越し業者を選びましょう。