自力で引っ越す?それとも業者に頼む?知っておきたいメリット・デメリット


引越し荷物の運搬はどのようにお考えですか?

自力で引っ越すにしてもご業者を使うにしても、それぞれ、良いところと悪いところがあります。
引越しが決まった後は引越し作業そのものに入っていくわけですが、荷物の搬出を考えるときに「引越し業者を頼むかどうか」という悩みを抱える方もいると思います。
友達や家族に頼んで自力で引っ越せば業者はいらないかも……と早合点する前に、それぞれのメリット・デメリットを押さえておきましょう。

自力で引っ越す場合のメリット・デメリット

自力で引っ越す場合は、やはり自分自身の周囲にいる親しい人々に引越しの手伝いを頼むことになるでしょう。
そのため、自分の荷物をどのように運んでほしいか、どのように扱ってほしいかを、遠慮なく伝えることができます。
よく知っている人たちなので、今まで見ず知らずだった引越し作業員が家に入ってくるストレスからも解放されます。
一方でデメリットとして挙げられることもいくつかあります。

まず最初に、冷蔵庫や洗濯機など、運搬の際に専門知識が必要な家電については、運搬方法を間違えて破損があったりすると余計な出費に見舞われたり、引越し後の人間関係に影響を及ぼす可能性があります。
自力で引越しする場合も、大型家具については引越し業者の家財運搬サービスを使うなどして、確実に運ぶ方が賢明です。
いくら親しい人たちとはいえ、引越しを手伝ってくれたお礼をどんな形であれすることになると思います。
お礼代を払っていたら、結局業者に頼むのと値段が変わらなくなってしまった……という事例もあります。
親しい人を集めて引越しすることが、メリットでありデメリットにもなるのです。
また、引越し業者を頼むとダンボール・ガムテープなどの梱包資材については無料サービスになることも多いのですが、自力引越しのの場合は全て自己調達の必要があることも念頭に入れておきましょう。

引越し業者を頼む場合のメリット・デメリット

引越し業者を頼む場合、見積もり時の係員と引越し時の作業員は別の場合が多いため、どちらも初対面の人物に家の中をチェックされ、作業されます。
引越し業者は男性が多数ですので、女性の場合はその点にデメリットを感じる場合もあるでしょう。
レディースパックで申し込み、女性作業員に全て引越し作業を行ってもらう、という手もありますが、やや割高になってしまうので注意してください。
逆にメリットは、やはり引越し業者はプロですから、作業を安心して任せることができます。
こちらもお客として利用料を払っているので、お仕事してもらっている、と割り切った対応も可能です。
家に上がられることに抵抗があっても、その日1日だけと割り切ってしまえば、後腐れのない、気持ちよい引越しができるのではないでしょうか。