引越しの時の荷物一時預かり期間と料金


引越しで転居先に移る前に、様々な事情から荷物を何処かに預かって保管して貰いたいな、と思う方は多いのではないでしょうか。

実は世の中には、荷物の保管業務を営む会社が沢山あります。

しかし同じ荷物を保管してくれるサービスでも、そのサービス内容や保管料は会社によって大きく異なります。
保管スペースだけを提供する会社もあれば、空調設備が整った保管庫を用意している会社もあれば、引越し業者が荷物を預かってくれる所も有ります。
業者例⇒キュラーズ

主な荷物預かりサービス

様々な会社な荷物預かりサービスを行っていますが、主に3種類に分けられます。

①レンタル収納スペース提供業者
②トランクルーム専門業者
③大手引越業者

①レンタル収納スペース提供業者

料金目安:150円~20,000円
保管期間:1日~

レンタル収納スペース提供業者は、自社倉庫や賃貸物件をレンタルルームやレンタルスペースといった形で貸し出し、荷物の保管スペースを提供してくれる業者です。

このレンタル収納スペース提供業者はスペースに応じて安価に荷物も預けることができ、スペースが空いていれば即日から利用することができます。
しかし、この業者は比較的小さなスペースを提供している業者が多く、大きな家財や家具は受け入れてくれない所も有ります。

また、業者によってはラックの一部のスペースや、温度湿度管理がされていない倉庫内の一部に保管する場合も有り、そういった所に保管する際には精密機器などのデリケートな荷物を預けるのは避けた方が良いでしょう。

②トランクルーム専門業者

安価なトランクルーム業者

料金目安:初期費用家賃1ヶ月~2ヶ月分+月々2,000~35,000
保管期間:1ヶ月~

主にコンテナを利用して、コンテナ単位でスペースを貸し出すのが、安価なトランクルーム業者です。
安価なトランクルーム業者では、コンテナのスペースをそのまま貸し出し、契約者に自由に荷物の出し入れ作業を行えます。
安価な料金設定は良いのですが、多くのコンテナは外に野ざらしなので、精密機器などのデリケートな品の保管は避けた方が良いのでしょう。

優良なトランクルーム業者

料金目安:初期費用80,000~150,000+月々7,500~30,000
保管期間:1ヶ月~

トランクルームの業者の中には国土交通省が認定した優良トランクルームというものも有ります。
これは、温度、湿度、粉塵、虫、防磁、常温常湿の6種の項目において国土交通省の基準を満たしたと認定されたトランクルームに表示が認められる物で、完全室内型倉庫、24時間温度湿度管理などの完全防備で荷物を守ってくれます。

荷物を預けるには最適な環境ですが、月々の保管費用が高く、更に荷物の搬入、搬出、運搬に掛かるトラックの費用が別途掛かります。

最適な環境で長期保管も依頼でき、保管作業に伴う荷物の出し入れも全てお任せできるので便利ですので、費用と折り合いがつくのなら、優良トランクルーム業者にお願いするのが良いでしょう。

③大手引越業者

料金目安:業者に寄る
保管期間:新居に移るまで

大手引越業者の多くは荷物の一時預かりサービスを行っています。
荷物の一時預かりを希望する方は、引っ越しの見積もりを取る際には、一緒に合わせて見積もり金額を出してもらうと良いのでしょう。

そして引越し業者によって一時預かりサービス内容は異なります。
オプションサービスとして承る所も有れば、純粋にサービスにしている所も有ります。

主な引っ越し業者の一時預かりサービス

サカイ引越センター
サカイ引越センターでは、新築や建て替え、改築による引っ越しに限り、荷物の一時預かりをしてくれます。
荷物の量によって金額が変わり、ピアノなどの特殊な保管方法が必要なも 物については別途費用が追加で掛かります。

アート引越センター
アート引越センターは、荷物の保管、運搬、費用などを負担することで荷物を一時預かりしてくれます。
受け入れられない荷物も有るようなので、見積もり時に確認した方が良いでしょう。

カルガモ引越センター
カルガモ引越センターは、1ヶ月内で有れば無料で荷物を一時預かりできるトランクルームを提供してくれます。

 

一概に荷物預かりサービスと言っても、どこのサービスを利用するかによってその内容は大きく異なります。
この記事を参考に、自分のニーズに合わせて選んで利用するのが良いでしょう。