どうやって引越し料金を安くしよう?土日の引越しを少しでもお得に


引越し料金を安くしたいなら見積もりが肝心

ただでさえ出費がかさんでしまう引越し、引越し料金は出来るだけお得にしたいものです。
引越しの日取りを決める際に、カレンダーで曜日とにらめっこした経験がある方もいるのではないでしょうか?
一般的にどこの引越し業者でも、土日などの休日より、月〜金の平日の引越しがお得になることが多いですが(月曜日・金曜日はやや割高になることもあります)、「仕事の休みが取れないから土日に引っ越すしかない」という方もいることでしょう。
引越し料金は荷物の量や家具の量によって異なってくるため、引越しが決まったら早い時期に引越し業者に見積もりを依頼することが大事です。
また、1社の見積もりだけで即決するのではなく、複数の業者に見積もりにきてもらうことで、料金を安くすることができます。

引越し料金を安くするためのテクニック

まず1社目に見積もりに来た業者に料金の見積もりを提示してもらい、その金額を基準にします。
2社目の業者が訪問に来て見積もりを提示してもらった時に、1社目より高い料金になった、という場合は、「実は1社目で⚪︎⚪︎さん(引越し業者名)に来てもらったが、こちらの見積もりより安い値段でした」というような話をして、交渉に乗り出します。
これを3社目、4社目と繰り返していくことで、ベストの料金を必ず出すことができます。
ただし、必ずしも料金が安いから良い、というわけではありません。中には家具破損などの事故が起こった時、保証してもらえないような業者もありますので、ご自身のニーズとサービスを照らし合わせながら引越し業者を選ぶことが大事になります。

繁忙期は曜日が違うだけで引越し料金が倍になることも

閑散期でも土日と平日の引越し料金は3割ほど違う、と言われています。
これが2月・3月の繁忙期になると、引越し業者によっても異なりますが、少し時期と曜日をずらして引越し日を土日から平日にしただけで、引越し料金が半額になるようなこともあります。
繁忙期と閑散期では、引越し業者の見積もり担当者が計算する見積もりの基準額も異なります。
引越しの事情は転勤、新居への引越し、または結婚や就職、進学など、自分自身の環境の大きな変化に伴うことが多い為、大きく時期をずらすことは難しいかもしれません。
ですが、出来るだけ料金を安くするように努力することはできます。
出来るだけ早めに複数の引越し業者に見積もりしてもらうことが、繁忙期でも閑散期でも、出来るだけお得に引っ越す得策となるでしょう。